歌詞

[中文歌詞]嘆きのFRACTION

出處:THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 07

譯者:葉室竹

轉載已獲譯者授權,未經允許請勿轉載至其他網站,謝謝。

 

身も心も溺れるような、激しい恋。私にも、
そんな恋に憧れる一面があるんですよ…と
言ったら…どう思われるんでしょうね?

嘆きのFRACTION(嘆息的FRACTION)

作詞:藤本記子

作曲·編曲:藤本記子

編曲:福富雅之

歌:三浦あずさ(たかはし智秋)

 

衝動がこの胸を責める

衝動在此胸脯中叱責著

赤く滲んだ三日月

滲染赤紅的三日月

もしこの願い叶うならば

倘使這願望能夠成真的話

アナタガ欲シイ⋯

我想得到你⋯

 

甘やかに闇へ誘う

甘美地招覽邁進黑暗

あなたに触れた指先

你所碰觸的指尖

帯びてく熱が焦らしてく

微微的開始焦熱難耐

 

恋か愛か 狭間で迷い続ける中

戀阿愛阿 在峽縫間持續舉旗不定

身も心も まとわずに

身體也內心也 剝作赤裸

その腕に溺れたい

想要浸淫在那雙臂中

 

ジレンマの夜明けを

窮地窘迫的破曉時分

軽薄なキスの切なさで

被輕浮的親吻傷害

盲目な日々に 今 終止符を

盲目的日子 此刻 劃上休止符

あなただけに捧げたい 一途な私を

讓只為你奉獻出一切 別無他想的我

 

滾らせて ダイタンにあなたから

變得滾燙 大膽地自你而起

目覚める本能 感情

這覺醒的本能 感情

知らない私 見せてあげる

將未知的自己裸露給你看

激しく奪ってよ あなたのやり方で

激烈地猛奪吧 用你自己的作法

恥じらう心音 純情

羞怯的本音 純情

今宵も愛を求めてる

今宵也在乞求著寵愛

知らぬままに

在毫無自覺下

嘆きのFRACTION

嘆息的FRACTION

 

「キレイだ」と 髪を撫でて

「真美麗」 美言著輕撫髮絲

あなたが触れた唇

與你貼合的唇瓣

生まれた意味を気づかせる

領覓到存在於世的意義

 

白か黒か 覗かせて 瞳の奥を

白阿黑阿 窺探著瞳孔深處

罪も罰も いとわずに

罪也罰也 也並非所願

その本音に抱かれたい

想要抱擁那本意

 

欲しがって見せてよ

想要剝下給你看

私の中にあるものを

在我體內存在的東西

言葉の裏に秘めた 真実を

在話語背後所藏匿著的 真實

ためらいまで脱ぎ捨てた 私のすべて

連帶猶豫都全脫光的 我的全部

 

狂わせて ゴウインにあなたから

變得癲狂 強硬地自你而起

高鳴る鼓動 焦燥

高顫著的騷鳴 燥熱

本当の私 見つめてよ

將原始的自己裸露給你看

夜を越えて 今 あなたに伝えたい

長夜跨渡 此刻 想要向你傳達

いけない妄想 葛藤

不可逾越的妄想 糾葛

それでも現実を求めてる

儘管如此仍渴求著此現實

この体中 満たして愛情

在此身體內 滿載著的愛情

 

嘘のない体温で

以誠實相告的體溫

危ういその眼差しで

散發著危險的目光

夢を見るより もっと感じたい

比夢中所見還要 讓我更加地感受

矛盾だらけの世界で この私だけを

在這矛盾滿佈的世界裡 只對著我一人

 

アイシテ⋯

愛著⋯

 

滾らせて ダイタンにあなたから

變得滾燙 大膽地自你而起

目覚める本能 感情

這覺醒的本能 感情

知らない私 見せてあげる

將未知的自己裸露給你看

激しく奪ってよ あなたのやり方で

激烈地猛奪吧 用你自己的作法

恥じらう心音 純情

羞怯的本音 純情

今宵も愛を求めてる

今宵也在乞求著寵愛

知らぬままに

在毫無自覺下

愚かと 月が笑う

「愚不可及」月兒也在嘲笑

嘆きのFRACTION

嘆息的FRACTION

 

FRACTION

FRACTION

 

Runboo:
不愧是azusa桑這歌詞……真是百萬系列難得的色氣歌(雖然旋律聽不太出來
另同場加映由まな板演唱的嘆きのFLAT SONG(被揍

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *