歌詞

[中文歌詞]水中キャンディ

出處:THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 08

譯者:kaoruP

未經允許請勿轉載至其他網站,謝謝。

 

水中キャンディ(水中糖果)

作詞:KOH

作曲:KOH

歌:馬場このみ(高橋未奈美)

 

穏やかな波にさらわれて ゆらりゆらり水中散歩

讓溫柔的海浪吞沒,輕柔搖曳的水中散步

眩しい陽が射して 海を照らす

眩目的陽光直射而下,照亮了大海

響くのはオルゴールの音色 海辺で拾ったカラフルキャンディ

耳邊響起的是音樂盒的旋律,手裡的是海邊撿拾的五彩繽紛的糖果

綺麗な花のように 生きる 珊瑚

如美麗的花一般生活著的珊瑚

 

いつかいつか行きたいな

總有一天真想去看看啊

夢が叶う場所へ

到那個能實現夢想的地方

もっともっと見てみたい

想要看得更多更多

海底じゃない世界を

海裡以外的世界

泡になり 消えること 知ってても

即使知道這樣會化作泡沫消散

 

ココロはマーメイドのように

內心就像美人魚一樣

声も出せない 届けられない

既發不出聲音,也傳達不到

鎖繋がれた 暗い海だって

因為被鎖鏈束縛著,在深邃黑暗的海底中

そう生きてゆける だけど

就這麼樣的活著,然而

ココロのポケットにまだ

內心裡的口袋仍然

しまいこんでた 自由のチケット

深藏著自由的入場券

いつか答えに たどり着けたなら

等到有一天終於找到了答案的話

使えるのかな 使える時が来るかな?

就可以使用了吧? 可以使用的時候會到來的吧?

 

雨に打たれ夕立ちシャワー 虹の橋コラボレーション

被午後的驟雨如淋浴般地拍打,宛如築橋般的彩虹

想いは募るだけ 洗い流せない

只有堆積的思緒無法沖刷而去

鳴らすのは出発の汽笛 荷物と勇気握り締めて

耳際鳴響的的是出發的汽笛聲,將行李和勇氣緊緊握著

モヤモヤ無くしたら 生まれ変わろう

一旦迷霧消散了以後,就能重生了吧

 

いつかいつか行きたいな

總有一天真想要去看看啊

声が届く場所へ

那個聲音能夠傳達到的地方

もっともっと見てみたい

想要看得更多更多

殻を破った自分を

即使知道會讓破殼而出的自己

夢の中 彷徨うと 知ってても

在夢裡徬徨

 

ココロはマーメイドだった

內心就是條美人魚

叶えられない 伝えられない

願望既無法實現,也沒有辦法傳達

籠の中に居る 海の底だって

因為被關在海底的籠子裡

そう生きて行けた だけど

就這麼樣的活著,然而卻

ココロの鍵 見つからない

遍尋不著心裡的鑰匙

ごまかした昨日まで さようなら

向著虛假的昨日道別

やると決めたの 最後のチャンスね

因為已經決定好了,這是最後的機會了呢

歩き出すんだ 自分の軌跡になるから

邁步向前,因為想要走出自己的軌跡

 

冷たい波 溺れそうでも

即使好像要沉溺在冰冷的海浪中

決して諦めない

也絕對不會放棄

鮮やかな水中キャンディ

那鮮豔的水中糖果

食べたらほら あと少し

只要吃下他的話….還差一點點

 

ココロはマーメイドだった

內心就是一條美人魚

ずっと…小さな世界…

一直待在狹小的世界

泳いで夢見て 外を眺めても

游著夢想著,即使只是眺望著外頭

そう生きて行けた だけど

就這麼樣的活著,然而卻

ココロの鍵 見つからない

遍尋不著心裡的鑰匙

ごまかした昨日まで さようなら

向著虛有其表的昨日道別

やると決めたの 最後のチャンスね

因為已經下定決心了,這是最後的機會了呢

歩き出すんだ 自分の軌跡になるから

因為想要走出自己的軌跡而邁步向前

 

止まれない…

無法停下來……

振り返らない

不會再回過頭來……

 

kaoruP:
歌詞很棒的一首曲子,詞的話我比較喜歡這首
講的是人魚公主的故事,但或許並不只是在講人魚公主的故事,更是このみん自己
所以想要翻得既有童話感,又能讓歌詞背後的意思能夠透過文字讓人體會
不只歌詞,旋律也很棒,聽起來有一種在珊瑚礁海洋的清澈感

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *

這個網站採用 Akismet 服務減少垃圾留言。進一步瞭解 Akismet 如何處理網站訪客的留言資料